EPA DHA 食品

魚以外にもある!EPAとDHAが摂取できる食品は?

EPAとDHAが健康維持や、様々な病気や疾患の予防・改善効果があることはお分かりいただけたと思いますが、では、どのような食品に多く含まれているでしょうか。

ここでは、EPAとDHAが摂取できる食品をご紹介します。


EPAとDHAは、青魚に豊富に含まれているので、マグロやマイワシ、サンマ、サバなど、背が青い魚を食べることによって、摂取することができるのですが、それ以外の食品でも、補うことができます。

EPAやDHAが、体に良いということは分かっていても、どうしても魚が苦手な方もいると思います。
そんな方で、EPAやDHAを摂取したいという方は、αリノレン酸がおすすめです。
αリノレン酸は、EPAやDHAと同じ多価不飽和脂肪酸の一つであり、EPAやDHAになる材料です。
体内で、EPAやDHAに変換され、アレルギーなどを予防する効果や、血圧を下げる効果、血栓を予防する効果などが期待でき、αリノレン酸を摂取することによって、EPAやDHAの効果を得ることができます。

αリノレン酸は、えごまや亜麻仁(アマニ)、くるみ、チアシード、シソ油、菜種油などに含まれています。

ただし、αリノレン酸は、酸化しやすいので、開封後はすぐに使い切るようにしましょう。

EPA・DHAサプリメント関連情報

EPAとDHAが摂取できる食品をご紹介しています。
青魚から摂取できるEPAとDHAですが、青魚以外の食品からも摂取することができるんです。