EPA DHA 効果的

EPAとDHAは一緒に摂取した方が効果的なんですか?

EPAとDHAの相違点についてお分かりいただけたと思いますが、では、この2つの栄養素は一緒に摂取したほうが効果的なのかどうかについてご紹介します。


EPAとDHAは、いずれも青魚の脂肪分に含まれる栄養素であり、青魚を食べることによって、その両方を摂取することができます。
いずれの栄養素も、血液をサラサラにしたり、様々な生活習慣病を予防するなど、二ている効果が期待できるのですが、違った効果もあるので、一緒に摂取することによって、より効果が高まります。

例えば、EPAは、脳の入口を通過することができませんが、DHAにはそれが可能なので、DHAがもつ脳を活性化する働きと、血栓を予防するEPAの働きによって、脳梗塞を予防したり、認知症を予防・改善する効果が高まるのです。

脳内には、大小様々な血管が張り巡らされており、血流を良くし、血液を健康に保つ効果が優れているEPAとDHAの両方の働きによって、より脳内の血管を健康に保つことができるのです。

 

それによって、脳卒中や脳梗塞、脳血栓などの病気を予防する効果が高まるというわけです。

 

 

青魚には、いずれの栄養素も豊富に含まれているので、必然的に一緒に摂取することができますが、サプリメントを利用しようと思っている方は、EPAとDHAの両方が入ったものがおすすめです。

 

サプリメントを選ぶ際のヒントにしてください。

EPA・DHAサプリメント関連情報

EPAとDHAは、一緒に摂取したほうが健康に効果的なのでしょうか?
そんな疑問にお答えしています。
それぞれに違う効果を持ったEPAとDHAの相乗効果はあるのでしょうか?