EPA DHA 違い

EPAとDHAにはどんな違いがありますか?

EPAもDHAも同じ青魚の脂肪分に含まれる飽和脂肪酸の一つです。

その健康効果は、いずれも非常に優れているのですが、ここではEPAとDHAの違いについてご説明しますので、健康維持やサプリメント選びの際にお役立てください。


【EPAとDHAの違い】

・EPAは、脳血液関門と言われる、脳への入り口を通りぬけることができないが、DHAにはそれが可能で、脳神経を活性化し、記憶力アップなどの効果がある

・EPAは、血小板凝集抑制効果が非常に高く、心筋梗塞や、虚血性心疾患の予防効果が非常に高いが、DHAも、効果は持っているが、EPAほど高くない

・DHAは、認知症の改善効果が期待できるが、EPAはその効果がない

・EPAもDHAも抗アレルギー効果や抗炎症効果が期待できるが、EPAの方がその効果がより高い

・中性脂肪を減らす効果は、EPAの方が高い

・コレステロールを低下させる効果は、DHAの方が高い
EPAもDHAも、血液をサラサラにする効果に優れ、動脈硬化などの生活習慣病を予防するなど、似ている効果を持っていますが、上記に挙げたように違った効果もあります。

いずれにせよ、EPAもDHAも青魚の脂肪分に豊富に含まれている栄養素なので、青魚を食べることによって、どちらも摂取することができます。

青魚が苦手な方も、サプリメントを利用するなどして、積極的にEPAとDHAを摂取しましょう。

EPA・DHAサプリメント関連情報

同じ青魚の脂肪分に含まれる成分のEPAとDHAですが、両者にはどんな違いがあるのでしょうか。
EPAとDHAの特徴を、比べならがら紹介しています。

アこまで-->