EPAとは

健康や美容に良い「EPA」とは?

健康に関心が高い方の中には、すでにご存じの方もいると思いますが、EPAとは、正式名称を「エイコサペンタエン酸」といい、青魚の脂肪部分に含まれる多価不飽和脂肪酸の一つです。

このEPAには、おどろくべきパワーが秘められており、積極的に摂取することによって、中性脂肪を低下させるなど、様々な良い効果をもたらせてくれます。
その効果・効能については、別ページで詳しくご紹介していますので、そちらをご覧ください。


EPAは、一般的に背の青い魚に多く含まれており、牛や豚などには含まれていないため、EPAを摂取するには、青魚を食べる必要があります。

EPAは、人間に必ず必要な必須脂肪酸の一つであり、体内で作られないので、食べ物から摂取する必要があるのです。
このEPAは、積極的に摂取することによって、様々な病気や疾患の予防・改善に効果があるだけでなく、脳を活性化するなどの効果も期待できるので、成長期の子供に食べさせると、頭が良くなるというデータもあるほどです。


青魚の脂部分に豊富に含まれているEPAですが、その含有量は魚によって異なります。
マグロやイワシ、サバやサンマなどが、最も多く含まれているので、健康を保つためにEPAを摂取したいのであれば、これらの魚を積極的に食事に取り入れるとよいでしょう。

しかし、魚とは言っても、脂部分ですので、食べ過ぎるとカロリーオーバーになってしまいます。
食事にバランスを考えながら、取り入れて下さい。

EPA・DHAサプリメント関連情報

EPAとは?そんな疑問を解決する、EPAの基礎知識をご紹介しています。
何に含まれる成分で、どんな働きがあるのか、EPAを知るなら、まずここから!